メニューを開く 検索を開く ログイン

医療被曝で医師の水晶体後囊下に変化

日常診療で十分な放射線防護を

 2017年09月08日 07:05
プッシュ通知を受取る

 放射線被曝によるインターベンショナルラジオロジー(IVR)医の水晶体の変化について検討した久留米大学放射線医学教室主任教授の安陪等思氏は、医療被曝により水晶体後囊下に変化が生じる可能性があるため、IVR医は放射線を十分に防護する必要があると第56回日本白内障学会(8月4~6日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »   »  医療被曝で医師の水晶体後囊下に変化