メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  アジスロマイシン追加で成人喘息増悪が減少

アジスロマイシン追加で成人喘息増悪が減少

【海外短報】

 2017年09月11日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 コントロール不良の成人喘息患者に対するアジスロマイシン(AZM)投与は増悪の低減に有効であると、オーストラリアのグループがLancet(2017; 390: 659-668に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 マクロライド系抗生物質は抗菌活性作用に加えて抗炎症作用を有し、喘息症状の軽減に補助的役割を果たすことが示唆されている。同グループは、中用量~高用量の吸入ステロイド薬+長時間作用性気管支拡張薬による治療で十分なコントロールが得られない成人の持続型喘息患者を対象に、AZM追加の有効性と安全性を評価する二重盲検ランダム化比較試験を実施した。

 2009年6月~15年1月に聴覚障害や補正QT間隔の異常延長がない18歳以上の患者420例を登録し、AZM 500mg群(213例)とプラセボ群(207例)に1:1でランダムに割り付け、週3回、48週間経口投与した。主要評価項目は、48週間を通じての中等症~重症の喘息増悪発生頻度と喘息関連QOLの変化とした。

 その結果、1例当たりの1年間の喘息増悪頻度はプラセボ群が1.86回、AZM群が1.07回で、発生率比0.59(95%CI 0.47~0.74、P<0.0001)と有意差が認められた。試験中に増悪を経験した患者の割合はプラセボ群が61%、AZM群が44%であった(P<0.0001)。また、AZM群では喘息関連QOLの有意な改善が見られた(P=0.001)。

 有害事象に関しては、AZM群ではプラセボ群より下痢が有意に多かった(34%対19%、P=0.001)。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  アジスロマイシン追加で成人喘息増悪が減少

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11510614 有効期限:11月末まで