メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  神経管閉鎖障害の発生予防に葉酸摂取を

神経管閉鎖障害の発生予防に葉酸摂取を

妊娠初期の先天異常

2017年09月11日 11:00

 妊娠初期の胎児に起こる先天異常の神経管閉鎖障害〔NTD、脊髄髄膜瘤(二分脊椎)および無脳症〕は、重篤な症状を来すことが多く、流産や死産にもつながる重大な疾患である。NTDの予防には葉酸が有効であることが分かっているが、妊婦の葉酸摂取の重要性についての認知は不十分である。熱田リハビリテーション病院(名古屋市)診療部の近藤厚生氏は「NTD予防のため、葉酸情報の発信、葉酸の積極的摂取の推奨が必要である」と第57回日本先天異常学会(8月26〜28日)で述べた。〔読み解くためのキーワード:神経管閉鎖障害

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  神経管閉鎖障害の発生予防に葉酸摂取を