メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

神経管閉鎖障害の発生予防に葉酸摂取を

妊娠初期の先天異常

 2017年09月11日 11:00
プッシュ通知を受取る

 妊娠初期の胎児に起こる先天異常の神経管閉鎖障害〔NTD、脊髄髄膜瘤(二分脊椎)および無脳症〕は、重篤な症状を来すことが多く、流産や死産にもつながる重大な疾患である。NTDの予防には葉酸が有効であることが分かっているが、妊婦の葉酸摂取の重要性についての認知は不十分である。熱田リハビリテーション病院(名古屋市)診療部の近藤厚生氏は「NTD予防のため、葉酸情報の発信、葉酸の積極的摂取の推奨が必要である」と第57回日本先天異常学会(8月26〜28日)で述べた。〔読み解くためのキーワード:神経管閉鎖障害

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  神経管閉鎖障害の発生予防に葉酸摂取を