メニューを開く 検索 ログイン

「治さない肺炎」と新診療ガイドライン

これからの肺炎診療を展望

2017年09月11日 06:05

2名の医師が参考になったと回答 

 日本呼吸器学会は今年(2017年)4月、「成人肺炎診療ガイドライン2017」を公表した。同ガイドラインは、肺炎診療に関する既存の3つのガイドライン、「成人市中肺炎」「成人院内肺炎」「医療・介護関連肺炎」を統合したものである。新ガイドラインの最大の特徴は、繰り返す誤嚥性肺炎や疾患末期、老衰の状態に対し、「個人の意思やQOLを考慮した治療・ケア」を行うことを提示した点だ。同ガイドライン作成グループ委員で大阪大学病院感染制御部部長(教授)の朝野和典氏は、新ガイドラインにおいて、「終末期の『治さない肺炎』」という新しい概念が示された背景や経緯などについて、第39回日本呼吸療法医学会(7月15~16日)で報告。これからの肺炎診療の在り方について展望した(関連記事:「3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  「治さない肺炎」と新診療ガイドライン

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD510653 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外