メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  「治さない肺炎」と新診療ガイドライン

「治さない肺炎」と新診療ガイドライン

これからの肺炎診療を展望

 2017年09月11日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本呼吸器学会は今年(2017年)4月、「成人肺炎診療ガイドライン2017」を公表した。同ガイドラインは、肺炎診療に関する既存の3つのガイドライン、「成人市中肺炎」「成人院内肺炎」「医療・介護関連肺炎」を統合したものである。新ガイドラインの最大の特徴は、繰り返す誤嚥性肺炎や疾患末期、老衰の状態に対し、「個人の意思やQOLを考慮した治療・ケア」を行うことを提示した点だ。同ガイドライン作成グループ委員で大阪大学病院感染制御部部長(教授)の朝野和典氏は、新ガイドラインにおいて、「終末期の『治さない肺炎』」という新しい概念が示された背景や経緯などについて、第39回日本呼吸療法医学会(7月15~16日)で報告。これからの肺炎診療の在り方について展望した(関連記事:「3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  「治さない肺炎」と新診療ガイドライン

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04510653 有効期限:4月末まで