メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  9.11テロの粉塵曝露が小児心疾患リスクに

9.11テロの粉塵曝露が小児心疾患リスクに

米・World Trade Center Health Registryコホート研究

 2017年09月11日 16:05
プッシュ通知を受取る

 2001年9月11日に起きた米国同時多発テロ事件による世界貿易センター(WTC)の倒壊で、有害な瓦礫の粉塵がマンハッタン南端部を覆った。当時、小児期でその煙や灰に含まれるパーフルオロアルキル物質(perfluoroalkyl substances;PFAS)に曝露したことが、将来の心疾患リスクに関連する可能性が示された。米・New York UniversityのLeonardo Trasande氏らが、Environ Int2017年9月8日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  9.11テロの粉塵曝露が小児心疾患リスクに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02510689 有効期限:2月末まで