メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  9.11テロの粉塵曝露が小児心疾患リスクに

9.11テロの粉塵曝露が小児心疾患リスクに

米・World Trade Center Health Registryコホート研究

 2017年09月11日 16:05
プッシュ通知を受取る

 2001年9月11日に起きた米国同時多発テロ事件による世界貿易センター(WTC)の倒壊で、有害な瓦礫の粉塵がマンハッタン南端部を覆った。当時、小児期でその煙や灰に含まれるパーフルオロアルキル物質(perfluoroalkyl substances;PFAS)に曝露したことが、将来の心疾患リスクに関連する可能性が示された。米・New York UniversityのLeonardo Trasande氏らが、Environ Int2017年9月8日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  9.11テロの粉塵曝露が小児心疾患リスクに

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01510689 有効期限:1月末まで