メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  アスピリンが妊娠高血圧腎症発症予防に有効

アスピリンが妊娠高血圧腎症発症予防に有効

【海外短報】

 2017年09月12日 06:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 妊娠高血圧腎症のリスクが高い妊婦に対する低用量アスピリン投与は同症の発症を抑制し早産を減少させると、英国などのグループがN Engl J Med2017; 377: 613-622)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 妊娠高血圧腎症は母児の死亡および合併症リスクと関係する。一方、妊娠中の低用量アスピリン投与が、妊娠高血圧腎症のリスク低下に有効かどうかは明らかにされていない。

 同グループは、妊娠高血圧腎症の発症リスクが高いと予測された単胎妊婦1,776例を対象に、多施設二重盲検ランダム化比較試験を実施。妊娠11~14週から36週まで、低用量アスピリン(150mg/日)またはプラセボを投与する群に割り付けた。主要評価項目は、妊娠高血圧腎症を伴う妊娠37週未満での早産とした。

 解析対象は、試験中に同意を撤回した152例と追跡できなかった4例を除く1,620例(アスピリン群798例、プラセボ群822例)だった。

 解析の結果、妊娠高血圧腎症を伴う妊娠37週未満の早産はプラセボ群の35例(4.3%)に対し、アスピリン群では13例(1.6%)と有意に少なかった(オッズ比0.38、95%CI 0.20~0.74、P=0.004)。同意撤回および追跡不能例を含めた解析でも、結果に大きな変化はなかった。両群の服薬遵守率は良好であった。

 新生児の有害転帰や他の有害事象の発現に有意な群間差は見られなかった。

(編集部)

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    HDL-C超高値で全死亡リスクが上昇

  2. 2

    抗スクレロスチン抗体に強力な骨折予防効果

  3. 3

    アミノインデックスの経年変化でがん発見

  4. 4

    エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず

  5. 5

    ヒロポン今昔物語

  6. 6

    前立腺がんに特徴的なPSA上昇カーブを特定

  7. 7

    経済的地位で改善すべき生活習慣が異なる

  8. 8

    秋の味覚、どれが好き?

  9. 9

    ウェブ不眠症治療で精神症状も改善

  10. 10

    糖尿病者は増加、予備群は減少、各1,000万人に

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  5. 5

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  6. 6

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  7. 7

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  8. 8

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  9. 9

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  10. 10

    エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  アスピリンが妊娠高血圧腎症発症予防に有効

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P09510615有効期限:9月末まで