メニューを開く 検索を開く ログイン

抗PD-L1抗体が肺がん維持療法でも予後改善

DurvalumabがNSCLCの維持療法でPFS延長

 2017年09月12日 15:10
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-L1抗体durvalumabについて、化学放射線療法施行後に進行が認められなかったⅢ期(局所進行性)非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、維持療法/地固め療法(consolidation therapy)としての有効性・安全性を検証した第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験PACIFICの中間解析の結果から、無増悪生存期間(PFS)の有意な延長が認められたことを、H.Lee Moffitt Cancer Center & Research InstituteのScott J. Antonia氏らがN Engl J Med2017年9月8日オンライン版)で発表した。この結果は、欧州臨床腫瘍学会議(ESMO 2017、9月8~12日、マドリード)でも報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  抗PD-L1抗体が肺がん維持療法でも予後改善