メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

EGFR変異陽性肺がんにパラダイムシフトか

第三世代EGFR阻害薬オシメルチニブが一次治療で予後改善

 2017年09月13日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一次治療における新たな標準治療薬として、「第三世代」のEGFR阻害薬(EGFR-TKI)に位置付けられるオシメルチニブの有効性および安全性を検証した国際多施設共同第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験FLAURAの結果、現在の標準治療に比べて同薬投与で無増悪生存期間(PFS)の大幅な延長が示された。米・Emory UniversityのSuresh S. Ramalingam氏が、欧州臨床腫瘍学会議(ESMO 2017、9月8~12日、マドリード)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  EGFR変異陽性肺がんにパラダイムシフトか