メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  米国で40年続いた脳卒中死亡率の低下が停滞

米国で40年続いた脳卒中死亡率の低下が停滞

CDC・2000~15年推計

 2017年09月13日 06:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 ⓒCDCプレスリリース

 米国では脳卒中死亡率が40年以上にわたって低下してきたが、2013~15年にはその進歩が失速していることが、米疾病対策センター(CDC)のウェブサイト「Vital Signs」で発表された。脳卒中死亡率は大部分の人口層と州で横ばいにあるだけでなく、ヒスパニックと米国南部の住民で有意な上昇に転じている(関連記事「五大死因による死亡の最大4割は予防可能,米CDC報告」「米CDCレポート,心疾患・脳卒中死亡の20万人以上が回避可能」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  米国で40年続いた脳卒中死亡率の低下が停滞

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05510703 有効期限:5月末まで