メニューを開く 検索を開く ログイン

C肝発がん高リスク例にDAA治療

肝炎トピックス:C型肝炎難治例に対する治療

 2017年09月14日 06:10
プッシュ通知を受取る

 C型肝炎治療は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場によりC型肝炎ウイルス(HCV)の排除が望める時代になった。千早病院(福岡市)内科診療部長で九州大学関連肝疾患治療研究会(KULDS)の道免和文氏は、発がん高リスク因子である高齢者、線維化進展例におけるDAAによる実臨床での治療成績を検討し「発がん高リスク群においてもDAAの治療効果は高かった」と述べている。
(関連記事:HCV/HIV共感染例に対するDAA治療肝移植後C型肝炎にもDAAは有効*薬剤名に付けた/は合剤、+は併用を示す〔読み解くためのキーワード:直接作用型抗ウイルス薬

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C肝発がん高リスク例にDAA治療