メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  HCV/HIV共感染例に対するDAA治療

HCV/HIV共感染例に対するDAA治療

肝炎トピックス:C型肝炎難治例に対する治療

 2017年09月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

 C型肝炎治療は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場により、従来では難治だった症例に対する選択肢が広がった。国立病院機構大阪医療センター消化器内科の石田永氏は、難治例であるC型肝炎ウイルス(HCV)/HIV共感染例に対するインターフェロン(IFN)フリーDAAによる治療成績について検討した。HIV感染を伴ったC型肝炎に対するIFNフリーDAA治療は有効性が高く、かつ安全性も高い治療であるという。(関連記事:C肝発がん高リスク例にDAA治療移植後C型肝炎にもDAAは有効*薬剤名に付けた/は合剤、+は併用を示す〔読み解くためのキーワード:直接作用型抗ウイルス薬

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  HCV/HIV共感染例に対するDAA治療

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07510638 有効期限:7月末まで