メニューを開く 検索 ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

デュラグルチドはCKD合併糖尿病例にも有用

インスリンリスプロとの併用薬としてグラルギンと比較、AWARD-7試験

2017年09月16日 06:00

3名の医師が参考になったと回答 

 AWARD-7は、中等度~重度の慢性腎臓病(CKD)を合併する2型糖尿病患者を対象として、週1回のGLP-1受容体作動薬デュラグルチド+毎食前の超速効型インスリンリスプロ(以下、リスプロ)の併用と、1日1回の持効型インスリングラルギン(以下、グラルギン)+リスプロの併用と比較した第Ⅲ相試験である。米・Providence Health Care常任理事のKatherine R. Tuttle氏は、第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で同試験の結果を報告し、CKD合併患者に対しても、デュラグルチドを利用した治療法の血糖コントロールにおける非劣性や安全性が確認されたことを明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  デュラグルチドはCKD合併糖尿病例にも有用

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD510782 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外