メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

オプジーボは単独、併用ともに生存を延長

進行悪性黒色腫に対する第Ⅲ相試験ChaeckMate-067後3年の成績

 2017年09月19日 06:05
プッシュ通知を受取る

 根治切除不能なステージⅢ/Ⅳの悪性黒色腫患者に対する第Ⅲ相試験CheckMate-067後3年の成績から、ニボルマブ(商品名オプジーボ)とイピリムマブ(商品名ヤーボイ)併用療法群またはニボルマブ単独療法群では、イピリムマブ単独療法群に比べて全生存期間が有意に延長することが示された。米・ Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのJ. D. Wolchok氏らが、N Engl J Med2017年9月11日オンライン版)で報告した(関連記事「ASCO2017 がん免疫療法のトピックス」「メラノーマに対する抗PD-1抗体と抗CTLA-4抗体の併用療法を初承認」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  オプジーボは単独、併用ともに生存を延長

error in template: found but mtif was expected