メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

EASD_small_banner_0914.jpg

SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

ファーストインクラス経口薬sotagliflozinの国際第Ⅲ相試験inTandem3

 2017年09月19日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 世界33カ国で登録された1型糖尿病患者を対象にSGLT1とSGLT2の両トランスポーターを阻害するsotagliflozinの安全性および有効性を評価した第Ⅲ相試験inTandem3の結果が第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表された。米・University of ColoradoのSatish K. Garg氏らによると、インスリン療法にsotagliflozin 400mg/日を追加した群では、24週時点で重症低血糖または糖尿病ケトアシドーシス(DKA)を発症せずHbA1c値7.0%未満を達成した患者の割合がプラセボ追加群の約2倍であった。この試験結果はN Engl J Med2017年9月13日オンライン版)に同時掲載された。(関連記事「ファーストインクラス糖尿病薬で有望な成績」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06510812 有効期限:6月末まで