メニューを開く 検索を開く ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

J-DOIT3

 2017年09月19日 17:20
プッシュ通知を受取る

 2型糖尿病の治療目標値が変わるかもしれない、そんな新たなエビデンスが日本から発信された。国立国際医療研究センター研究所糖尿病研究センター・センター長の植木浩二郎氏、東京大学病院糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏らはJ-DOIT3試験の結果を第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表した。血糖・血圧・脂質に対して、従来のガイドラインよりも厳格な目標を設定した統合的治療が2型糖尿病に伴う血管合併症をさらに減らせることを、世界で初めて見いだした(関連記事「わが国の糖尿病の実像が明るみに」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス