メニューを開く 検索 ログイン

世界初の成人スチル病診療GL作成

希少疾患へのアプローチに道筋

2017年09月20日 06:40

 成人スチル病(ASD)は原因不明の自己炎症性疾患と推定される指定難病である。厚生労働省が行った疫学調査によると、わが国における患者数は約4,700人という希少疾患である。世界初となる同疾患の診療ガイドライン(GL)の作成に携わった埼玉医科大学リウマチ膠原病科教授の三村俊英氏は、同GLにおいて強く推奨される治療法などを第61回日本リウマチ学会(4月20~22日)で示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  リウマチ・膠原病 »  世界初の成人スチル病診療GL作成

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで