メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  米・子宮頸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表

米・子宮頸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表

USPSTF、Pap検査とHPV検査併用は推奨せず

 2017年09月21日 06:40
プッシュ通知を受取る

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は9月12日、女性の子宮頸がんスクリーニング検査に関する新たな勧告の草案を公表した。30~65歳では、3年ごとに細胞診(Pap検査)単独または5年ごとにヒトパピローマウイルス(HPV)検査単独によるスクリーニングを推奨し、前回の改訂(2012年)からの変更点として、両者の併用は推奨しないとした。正式な勧告は、草案に対するパブリックコメントの募集を経て公表される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  米・子宮頸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06510825 有効期限:6月末まで