メニューを開く 検索を開く ログイン

米・子宮頸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表

USPSTF、Pap検査とHPV検査併用は推奨せず

 2017年09月21日 06:40
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は9月12日、女性の子宮頸がんスクリーニング検査に関する新たな勧告の草案を公表した。30~65歳では、3年ごとに細胞診(Pap検査)単独または5年ごとにヒトパピローマウイルス(HPV)検査単独によるスクリーニングを推奨し、前回の改訂(2012年)からの変更点として、両者の併用は推奨しないとした。正式な勧告は、草案に対するパブリックコメントの募集を経て公表される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  米・子宮頸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表

error in template: found but mtif was expected