メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  血圧高値の脈圧上昇は良好な転帰の予測因子

血圧高値の脈圧上昇は良好な転帰の予測因子

【海外短報】

 2017年09月22日 06:45

 血圧高値の若年~中年成人における脈圧上昇はその後の良好な転帰を予測すると、イタリアのグループがHyper­tension2017; 70: 537-542)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 中年以下の成人における脈圧の役割には依然として議論がある。同グループは、45歳未満で糖尿病のない未治療ステージ1高血圧患者1,241例(平均年齢33.1歳)を中央値で12.1年間追跡。脈圧、平均血圧と治療を必要とする高血圧への進行および心血管(CV)イベント発生との関係を検討した。

 追跡中に65.1%が降圧薬による治療を必要とする高血圧に進行し、5.1%がCVイベントを経験した。男性、若年、身体活動、心拍数、収縮期血圧への白衣効果、1回心拍出量が脈圧の有意な決定因子であった。

 解析の結果、脈圧の最高三分位群は最低三分位群に比べて高血圧進行リスクが低かった(ハザード比0.75、95%CI 0.62~0.91、P=0.003)。対照的に、平均血圧の最高三分位群は同リスクが高かった(同1.91、1.57~2.33、P<0.001)。さらに、脈圧の最高三分位群はCVイベントリスクが低く(同0.35、0.17~0.73、P=0.005)、平均血圧の最高三分位群は同リスクが高かった(同3.06、1.32~7.09、P=0.009)。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  血圧高値の脈圧上昇は良好な転帰の予測因子

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510821 有効期限:10月末まで