メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  FDA、ケイキサレートに安全性情報を発出

FDA、ケイキサレートに安全性情報を発出

他の経口薬との服用間隔を3時間以上に

 2017年09月22日 06:40
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は9月6日、高カリウム(K)血症治療薬ポリスチレンスルホン酸ナトリウム(商品名ケイキサレート)について、一般的に処方される多くの経口薬と結合し、その吸収および作用を減弱させることを示す研究結果を受け、同薬と他の経口薬との同時服用を避けるよう勧告する安全性情報を発出した。こうした可能性を減らすために、同薬と他の経口薬を服用する場合は3時間以上間隔を空けることを推奨している。

胃不全麻痺では6時間以上空けて服用

 ポリスチレンスルホン酸ナトリウムは、高K血症に対し腸管内でNa/Kイオン交換によりK排泄を促進して血清K値を低下させる。

 今回の勧告は、in vitro研究で6種の薬剤(降圧薬のアムロジピンとメトプロロール、抗菌薬のアモキシシリン、利尿薬のフロセミド、抗てんかん薬のフェニトインおよび抗血栓薬のワルファリン)で、ポリスチレンスルホン酸ナトリウムに対する有意な結合が起こることが判明したことを受けたもの。

 これらの知見に基づいて、FDAは「ポリスチレンスルホン酸ナトリウムは他の多くの経口薬と同様に結合する可能性があり、他の経口薬服用から3時間(胃不全麻痺例では6時間)以上間隔を空けて服用することで結合リスクを減らす」と結論付けている。この推奨間隔は、ポリスチレンスルホン酸ナトリウムまたは他の薬剤の胃通過に必要な予測時間に基づく。最終的に、薬剤相互作用に関する追加研究を、同薬の製造元であるConcordia Pharmaceuticals社に求めないとしている。また、同薬のラベルに投与間隔に関する情報を追加する。

坂田真子

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ランキング

  1. 1

    学会でのSNS活用、日循の狙いとは

  2. 2

    スタチンで大腸がん死リスク低下

  3. 3

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  4. 4

    オキシトシン、反復投与でも効果を確認

  5. 5

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  6. 6

    日光浴がアトピー性皮膚炎を予防?

  7. 7

    わずか16分の寝不足で仕事に悪影響

  8. 8

    赤い精液! 患者には衝撃の血精液症,自然史が明らかに

  9. 9

    日本プライマリ・ケア連合学会(10)

  10. 10

    地中海食は食べても太らない?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    あの難病にメトホルミンが有効?

  2. 2

    高血圧に尿酸降下薬は"推奨できない"

  3. 3

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  4. 4

    死を招く食習慣の組み合わせ

  5. 5

    有名なあの鎮痛薬に脳卒中リスク

  6. 6

    迷走するコレステロール・卵論争

  7. 7

    『高血圧治療ガイドライン2019』発表

  8. 8

    アルパカ由来CAR-T療法が有望

  9. 9

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  10. 10

    やはり危険? 市中肺炎にブロード抗菌薬

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  FDA、ケイキサレートに安全性情報を発出

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05510835 有効期限:5月末まで