メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

EASD_small_banner_0914.jpg

エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず

2型糖尿病患者1万2,000例超の統合解析

 2017年09月22日 06:30
プッシュ通知を受取る

 市販後データからSGLT2阻害薬による急性腎障害(acute kidney injury;AKI)発症の懸念が浮上し、米食品医薬品局(FDA)は最近、同クラス薬の添付文書にAKIに関する情報を加えるよう警告を強化している。そこで米・Indiana UniversityのRajiv Agarwal氏らは、エンパグリフロジンの安全性を検証すべく、同薬の臨床試験に参加した2型糖尿病患者1万2,000例超を対象に統合解析を実施。プラセボとの比較でエンパグリフロジンによる急性腎不全、AKIなどの急性腎イベントのリスク増大は示されなかったと、第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず