メニューを開く 検索を開く ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず

2型糖尿病患者1万2,000例超の統合解析

 2017年09月22日 06:30
プッシュ通知を受取る

 市販後データからSGLT2阻害薬による急性腎障害(acute kidney injury;AKI)発症の懸念が浮上し、米食品医薬品局(FDA)は最近、同クラス薬の添付文書にAKIに関する情報を加えるよう警告を強化している。そこで米・Indiana UniversityのRajiv Agarwal氏らは、エンパグリフロジンの安全性を検証すべく、同薬の臨床試験に参加した2型糖尿病患者1万2,000例超を対象に統合解析を実施。プラセボとの比較でエンパグリフロジンによる急性腎不全、AKIなどの急性腎イベントのリスク増大は示されなかったと、第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新語・流行語大賞は「ONE TEAM」

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12510838 有効期限:12月末まで