メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  妊娠中の持続血糖測定で新生児転帰が改善

EASD_small_banner_0914.jpg

妊娠中の持続血糖測定で新生児転帰が改善

1型糖尿病妊婦における国際多施設ランダム化比較試験CONCEPTT

 2017年09月22日 06:50
プッシュ通知を受取る

 カナダ・University of TorontoのDenice S. Feig氏らは、1型糖尿病の妊婦を対象に母児の転帰に対する持続血糖モニタリング(CGM)の効果を検討したオープンラベル国際多施設ランダム化比較試験CONCEPTTの結果を第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で報告した。CGM使用群は非使用群に比べて在胎不当過大児(LGA)が少なく、新生児集中治療室(NICU)の滞在期間が短かった。同氏は「われわれの知る限り、これはCGMによる血糖以外の健康アウトカム改善の可能性を示した初の試験だ」としている。詳細はLancet2017年9月15日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  妊娠中の持続血糖測定で新生児転帰が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510846 有効期限:10月末まで