メニューを開く 検索を開く ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

一新されたてんかん分類のポイントを解説

国際抗てんかん連盟が策定

 2017年09月22日 15:12
プッシュ通知を受取る

 国際抗てんかん連盟(ILAE)は2017年4月、新しいてんかんおよびてんかん症候群の分類(New Classification of Epilepsy and Its Syndromes)を発表した。イタリア・University of PaviaのEmilio Perucca氏は、1989年に国際的なてんかんの分類がなされて以降、約30年間にわたる研究成果や知見を反映した今回の新分類が策定された背景やそのポイントを、第58回日本神経学会/第23回世界神経学会議(9月16~21日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  一新されたてんかん分類のポイントを解説