メニューを開く 検索を開く ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

経済的地位で改善すべき生活習慣が異なる

デンマークの糖尿病患者調査

 2017年09月25日 06:35
プッシュ通知を受取る

 糖尿病およびその合併症は、患者個人と社会の双方に大きな負担となる。患者の社会経済的地位(socio-economic position;SEP)が低位であるほどその負担は増加する上、糖尿病患者でSEPは非糖尿病者よりSEPが低いことが指摘されている。糖尿病合併症のリスクは生活習慣の影響が大きいが、デンマーク・Nordsjællands HospitalのAnne・Sofie. D. Bjørkman氏は同国におけるSEPと生活習慣の調査から、介入により改善を目指す生活習慣のターゲットが糖尿病患者のSEPによって異なることを、第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  経済的地位で改善すべき生活習慣が異なる

error in template: found but mtif was expected