メニューを開く 検索を開く ログイン

抗スクレロスチン抗体に強力な骨折予防効果

ロモソズマブの第Ⅲ相ランダム化比較試験ARCH

 2017年09月25日 06:30
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 米・University of AlabamaのKenneth G. Saag氏らは、骨折リスクが高い閉経後骨粗鬆症女性を対象に、ヒト抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤ロモソズマブの骨折予防効果を多施設国際共同第Ⅲ相ランダム化二重盲検比較試験ARCHで検討し、その結果を米国骨代謝学会(ASBMR 2017、9月8~11日、デンバー)で報告した。ロモソズマブをアレンドロネート投与前に12カ月間投与することで、アレンドロネート単独よりも骨折リスクが有意に低下した。この結果はN Engl J Med2017年9月11日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  抗スクレロスチン抗体に強力な骨折予防効果