メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  HDL-C超高値で全死亡リスクが上昇

HDL-C超高値で全死亡リスクが上昇

【海外短報】

 2017年09月25日 06:30
プッシュ通知を受取る

 HDLコレステロール(HDL-C)超高値は全死亡リスクの上昇と関係することを示す研究結果が、デンマークのグループによりEur Heart J(2017; 38: 2478-2486に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 HDL-C値は広い範囲で心血管疾患(CVD)および死亡と負の相関関係を示すが、遺伝的エビデンスではHDL-C超高値によるCVD増加の可能性が示唆されている。同グループは、デンマークで実施された2件の前向き集団研究(Copenhagen City Heart StudyとCopenhagen General Population Study)に参加した男性5万2,268例と女性6万4,240例を対象に、HDL-C超高値と全死亡との関係を検討した。

 74万5,452人・年の追跡期間中に男性5,619例、女性5,059例が死亡した。解析の結果、HDL-C値と全死亡との間にU字型の関係が認められ、全死亡リスクが最も低いHDL-C値は男性が73mg/dL(95%CI 54~77mg/dL)、女性が93mg/dL(同69~97mg/dL)。全死亡リスク最低群と比較した男性の補正ハザード比はHDL-C値97~115mg/dL群が1.36(95%CI 1.09~1.70)、116mg/dL以上群が2.06(同1.44~2.95)、女性では116~134mg/dL群が1.10(同0.83~1.46)、135mg/dL以上群が1.68(同1.09~2.58)だった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  HDL-C超高値で全死亡リスクが上昇

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12510850 有効期限:12月末まで