メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

アミノインデックスの経年変化でがん発見

 2017年09月25日 06:50
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 血中のアミノ酸バランスからがんの可能性を検査するアミノインデックスがんスクリーニング(AICS)を経年的に実施することはがんスクリーニングに有用であると、三井記念病院(東京都)総合健診センター特任顧問の山門實氏が第58回日本人間ドック学会(8月24~25日)で報告した。同センターでAICSを複数回受診した症例のランク変動を解析、ランクC(がんの可能性あり)からがんが発見できた6例を提示した上で、「AICSのランク変動ががんの予知・予防につながる先制医療の架け橋になる可能性がある」とした。〔読み解くためのキーワード:アミノインデックスがんスクリーニング、関連記事:アミノインデックスで大腸がんを発見

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  アミノインデックスの経年変化でがん発見