メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  前立腺がんに特徴的なPSA上昇カーブを特定

前立腺がんに特徴的なPSA上昇カーブを特定

第58回日本人間ドック学会

 2017年09月26日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国の人間ドックにおける前立腺がん検診では、一般的にPSA(前立腺特異抗原)検査が行われている。黒沢病院ヘルスパーククリニック(群馬県)の吉原尊樹氏らは、2002〜15年に同院で前立腺がん検診を受診した約14万人のPSA生長曲線を検討。その結果、多くの前立腺がん例において、加齢に伴い健康人では見られないPSA値の特徴的な上昇パターンが特定できたと第58回日本人間ドック学会(8月24~25日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  前立腺がんに特徴的なPSA上昇カーブを特定

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06510842 有効期限:6月末まで