メニューを開く 検索 ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

レム睡眠中の呼吸障害が糖尿病網膜症と関連

2017年09月26日 11:15

 睡眠呼吸障害による間欠的な低酸素血症は、交感神経系を活性化し、血糖値や血圧を上昇させるとともに、酸化ストレスや慢性炎症を誘導する。これらはいずれも糖尿病網膜症の危険因子として知られており、睡眠呼吸障害は糖尿病網膜症を悪化させる可能性がある。虎の門病院(東京都)内分泌代謝科の西村明洋氏は、2型糖尿病患者のレム睡眠時の無呼吸低呼吸指数(REM-AHI)に着目した解析結果を第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表し、糖尿病網膜症との関連が認められたことを明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  レム睡眠中の呼吸障害が糖尿病網膜症と関連

error in template: found but mtif was expected