メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

EASD_small_banner_0914.jpg

脳卒中後の上肢麻痺改善に新システム

脳と機械を結ぶ先進的神経リハビリ

 2017年09月26日 18:30
プッシュ通知を受取る

 脳卒中後の患者では約半数になんらかの運動麻痺が残るといわれており、その中でも上肢機能の回復割合は低く、特に手指麻痺を脳卒中発症前のレベルまで改善することは困難と考えられている。慶應義塾大学リハビリテーション医学教室教授の里宇明元氏は、同大学理工学部と連携して研究開発を進めている、脳波と機械を連動させる装置であるブレイン・マシン・インターフェース(BMI)を用いたリハビリテーション(以下、リハビリ)システムの有効性を第58回日本神経学会/第23回世界神経学会議(9月16~21日)で説明。「今年(2017年)3月にはBMIを用いた医師主導治験が開始され、近い将来の実用化を目指している」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  脳卒中後の上肢麻痺改善に新システム

error in template: found but mtif was expected