メニューを開く 検索 ログイン

開発中のグセルクマブ、難治性乾癬にも有効

国内第Ⅲ相オープンラベル試験

2017年09月27日 06:15

 インターロイキン(IL)-23p19に結合し、乾癬の病態に作用する新機序のヒト型モノクローナル抗体グセルクマブについて、日本人の膿疱性乾癬(GPP)または乾癬性紅皮症(EP)患者を対象とした国内第Ⅲ相オープンラベル試験の成績を、久留米大学皮膚科学教室准教授の大畑千佳氏が第32回日本乾癬学会(9月8~9日)で発表した。同氏は「難治性とされるいずれの病型についてもグセルクマブで高い有効性が示された」と述べた。〔関連記事:乾癬の新機序薬、日本人での成績を公

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  開発中のグセルクマブ、難治性乾癬にも有効

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで