メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  開発中のグセルクマブ、難治性乾癬にも有効

開発中のグセルクマブ、難治性乾癬にも有効

国内第Ⅲ相オープンラベル試験

 2017年09月27日 06:15
プッシュ通知を受取る

 インターロイキン(IL)-23p19に結合し、乾癬の病態に作用する新機序のヒト型モノクローナル抗体グセルクマブについて、日本人の膿疱性乾癬(GPP)または乾癬性紅皮症(EP)患者を対象とした国内第Ⅲ相オープンラベル試験の成績を、久留米大学皮膚科学教室准教授の大畑千佳氏が第32回日本乾癬学会(9月8~9日)で発表した。同氏は「難治性とされるいずれの病型についてもグセルクマブで高い有効性が示された」と述べた。〔関連記事:乾癬の新機序薬、日本人での成績を公

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  開発中のグセルクマブ、難治性乾癬にも有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11510859 有効期限:11月末まで