メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎、ゲノタイプ問わない治療薬の意義

C型肝炎、ゲノタイプ問わない治療薬の意義

肝炎トピックス

 2017年09月28日 06:10
プッシュ通知を受取る

 これまで、C型肝炎の治療薬はC型肝炎ウイルス(HCV)のゲノタイプ(GT)1、2をターゲットとしたものが開発、発売されてきた。経口薬である直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の時代になっても同様であった。今年(2017年)8月現在、GT1に対するDAAは5種類、GT2では2種類が臨床導入されている。虎の門病院分院(川崎市)分院長の熊田博光氏に、GT1、2のダブル感染患者の治療などに期待されるGT1〜6に有効なパンジェノタイプ治療薬の意義について解説してもらった。〔読み解くためのキーワード:直接作用型抗ウイルス薬

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎、ゲノタイプ問わない治療薬の意義

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12510866 有効期限:12月末まで