メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

C型肝炎、ゲノタイプ問わない治療薬の意義

肝炎トピックス

 2017年09月28日 06:10
プッシュ通知を受取る

 これまで、C型肝炎の治療薬はC型肝炎ウイルス(HCV)のゲノタイプ(GT)1、2をターゲットとしたものが開発、発売されてきた。経口薬である直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の時代になっても同様であった。今年(2017年)8月現在、GT1に対するDAAは5種類、GT2では2種類が臨床導入されている。虎の門病院分院(川崎市)分院長の熊田博光氏に、GT1、2のダブル感染患者の治療などに期待されるGT1〜6に有効なパンジェノタイプ治療薬の意義について解説してもらった。〔読み解くためのキーワード:直接作用型抗ウイルス薬

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎、ゲノタイプ問わない治療薬の意義

error in template: found but mtif was expected