メニューを開く 検索 ログイン

十二指腸内視鏡承認で感染リスク低減、FDA

ディスポーザブル式の先端部キャップを採用

2017年09月28日 06:15

イメージ画像 (Pentax Medical公式サイト)

 米食品医薬品局(FDA)は9月20日、洗浄と再生処理方法を改善する新機能として、ディスポーザブル式の先端部キャップを採用した十二指腸内視鏡(Pentax ED34-i10Tモデル)を初めて認可した。FDA医療機器・放射線保健センター医療機器評価部ディレクター代理のWilliam Maisel氏は「新しいディスポーザブル式の先端部キャップは、デバイス関連の感染リスク低減に向けた大きな一歩になるだろう」と述べている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  十二指腸内視鏡承認で感染リスク低減、FDA

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD510906 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外