メニューを開く 検索を開く ログイン

女性の性機能障害は問診がカギ

 2017年09月28日 06:20
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

 性機能障害で悩む女性は多いが、実際に患者から性交に関する悩みを相談されると適切な対応ができない泌尿器科医や産婦人科医は多い。性機能障害の診療に積極的に取り組む女性医療クリニックLUNA心斎橋(大阪市)院長(女性泌尿器科)の二宮典子氏は、第28回日本性機能学会(9月21~23日)で「誰にも悩みを相談できない"セックス難民"を生まないためには、医師の側から性交に関する問診を行うことが重要」と指摘、実例を示しながら性機能障害に対する診察のポイントを解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  女性の性機能障害は問診がカギ