メニューを開く 検索を開く ログイン

臍帯由来幹細胞の静注で心機能改善

第Ⅰ/Ⅱ相試験RIMECARD

 2017年09月29日 11:55
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 チリ・Universidad de los AndesのJorge Bartolucci氏らは、慢性心不全患者を対象に臍帯由来間葉系幹細胞(UC-MSC)静脈内投与の安全性および有効性を検討した第Ⅰ/Ⅱ相試験RIMECARDの結果をCirc Res2017年9月26日オンライン版)で発表した。プラセボ投与(自己血漿100mL)では変化が認められなかったのに対して、同種UC-MSC静脈内投与(1×106cells/kg)は心機能およびQOLを有意に改善し、治療関連有害事象は認められなかったとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  臍帯由来幹細胞の静注で心機能改善

error in template: found but mtif was expected