メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

Women’s Health Initiative(WHI)の2試験を解析

 2017年10月02日 06:40
プッシュ通知を受取る

 閉経後女性に対するホルモン補充療法(HRT)のリスク・ベネフィットを検討した米国のWomen's Health Initiative(WHI)により、2002年に結合型エストロゲン(CEE)+酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)介入試験で浸潤性乳がんのリスクが上昇したこと、2004年にはCEE単独介入試験で脳卒中のリスクが高まったことが報告され、いずれも試験中止となった。米国Brigham and Women's HosPitalのJoAnn E. Manson氏らは、HRTの長期投与による全死亡および原因別死亡への影響を明らかにするため、試験中止以降も延長して追跡調査を行った。その結果、CEE+ MPA療法、またはCEE単独療法は、介入開始から18年間の追跡調査期間中、全死亡、心血管死亡およびがん死亡のリスクを上昇させなかったことを、JAMA2017; 318: 927-938)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12510898 有効期限:12月末まで