メニューを開く 検索を開く ログイン

HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

Women’s Health Initiative(WHI)の2試験を解析

 2017年10月02日 06:40
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 閉経後女性に対するホルモン補充療法(HRT)のリスク・ベネフィットを検討した米国のWomen's Health Initiative(WHI)により、2002年に結合型エストロゲン(CEE)+酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)介入試験で浸潤性乳がんのリスクが上昇したこと、2004年にはCEE単独介入試験で脳卒中のリスクが高まったことが報告され、いずれも試験中止となった。米国Brigham and Women's HosPitalのJoAnn E. Manson氏らは、HRTの長期投与による全死亡および原因別死亡への影響を明らかにするため、試験中止以降も延長して追跡調査を行った。その結果、CEE+ MPA療法、またはCEE単独療法は、介入開始から18年間の追跡調査期間中、全死亡、心血管死亡およびがん死亡のリスクを上昇させなかったことを、JAMA2017; 318: 927-938)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

error in template: found but mtif was expected