メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず

Women’s Health Initiative(WHI)の2試験を解析

2017年10月02日 06:40

7名の医師が参考になったと回答 

 閉経後女性に対するホルモン補充療法(HRT)のリスク・ベネフィットを検討した米国のWomen's Health Initiative(WHI)により、2002年に結合型エストロゲン(CEE)+酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)介入試験で浸潤性乳がんのリスクが上昇したこと、2004年にはCEE単独介入試験で脳卒中のリスクが高まったことが報告され、いずれも試験中止となった。米国Brigham and Women's HosPitalのJoAnn E. Manson氏らは、HRTの長期投与による全死亡および原因別死亡への影響を明らかにするため、試験中止以降も延長して追跡調査を行った。その結果、CEE+ MPA療法、またはCEE単独療法は、介入開始から18年間の追跡調査期間中、全死亡、心血管死亡およびがん死亡のリスクを上昇させなかったことを、JAMA2017; 318: 927-938)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  HRT長期投与で死因別死亡リスクは上昇せず