メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  日本初のCDK4/6阻害薬を乳がんに承認

日本初のCDK4/6阻害薬を乳がんに承認

2017年10月02日 06:30

 ファイザーは9月27日、選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬であるパルボシクリブについて、「手術不能または再発乳がん」の効果・効能で製造販売承認を取得したと発表した。同薬は、米国では2013年4月に米食品医薬品局(FDA)よりブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)の指定を受け、2015年2月に迅速承認、今年(2017年)3月には正式承認されている。わが国でCDK4/6阻害薬が承認されたのは同薬が初めてであり、用法は内分泌療法薬との併用とされている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  日本初のCDK4/6阻害薬を乳がんに承認