メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇

低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇

スウェーデン60万人超のコホート研究

 2017年10月03日 12:45
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心疾患または脳卒中既往者では再発予防に低用量アスピリンが用いられるが、3年後までに10~20%が服用を中止するとの報告もある。スウェーデンの60万人超を対象としたコホート研究の結果、低用量アスピリン服用者では服用中止により心血管リスクが30%以上上昇することが、同国・Uppsala UniversityのJohan Sundström氏らの報告で明らかになった(Circulation 2017; 136: 1183-1192)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10510977 有効期限:10月末まで