メニューを開く 検索を開く ログイン

低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇

スウェーデン60万人超のコホート研究

 2017年10月03日 12:45
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心疾患または脳卒中既往者では再発予防に低用量アスピリンが用いられるが、3年後までに10~20%が服用を中止するとの報告もある。スウェーデンの60万人超を対象としたコホート研究の結果、低用量アスピリン服用者では服用中止により心血管リスクが30%以上上昇することが、同国・Uppsala UniversityのJohan Sundström氏らの報告で明らかになった(Circulation 2017; 136: 1183-1192)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇