メニューを開く 検索を開く ログイン

正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク

北アイルランドの出生コホート研究

 2017年10月03日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 オーストラリア・University of QueenslandのIsabel Ferreira氏らは、北アイルランドの正期産児791例を調査した結果、正期産でも37~38週の早期出生児は青年期から若年成人期までに心肺フィットネス(cardiorespiratory fitness;CRF)が低下する可能性があるとJ Am Heart Assoc2017年9月27日オンライン版)で報告した。これらの知見の背景には、予定帝王切開や妊娠満期前の誘発分娩の関与が示唆されるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク