メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク

正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク

北アイルランドの出生コホート研究

 2017年10月03日 06:30

イメージ画像

 オーストラリア・University of QueenslandのIsabel Ferreira氏らは、北アイルランドの正期産児791例を調査した結果、正期産でも37~38週の早期出生児は青年期から若年成人期までに心肺フィットネス(cardiorespiratory fitness;CRF)が低下する可能性があるとJ Am Heart Assoc2017年9月27日オンライン版)で報告した。これらの知見の背景には、予定帝王切開や妊娠満期前の誘発分娩の関与が示唆されるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510978 有効期限:10月末まで