メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク

正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク

北アイルランドの出生コホート研究

2017年10月03日 06:30

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 オーストラリア・University of QueenslandのIsabel Ferreira氏らは、北アイルランドの正期産児791例を調査した結果、正期産でも37~38週の早期出生児は青年期から若年成人期までに心肺フィットネス(cardiorespiratory fitness;CRF)が低下する可能性があるとJ Am Heart Assoc2017年9月27日オンライン版)で報告した。これらの知見の背景には、予定帝王切開や妊娠満期前の誘発分娩の関与が示唆されるという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  正期産内でも早期出生児は心肺機能低下リスク