メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

職域がん検診にも精度管理の視点が必要!

 2017年10月04日 06:00
プッシュ通知を受取る

 がん検診受診者の4~7割が利用しているとされる職域検診では、精度管理がほとんど行われておらず、厚生労働省はその対策の一環として「職域におけるがん検診ガイドライン」(GL)の策定を進めている。こころとからだの元氣プラザ(東京都)婦人科診療部長の小田瑞惠氏は第58回日本人間ドック学会(8月24~25日)で、職域の子宮頸がん検診の現状と将来の展望を説明、「誰ががん検診の精度管理を行うかが課題」と指摘した。私見と断った上で、「検診実施機関がビジネス化のチャンスとして捉え、有償のサービスとして請け負うことも方向の1つ」との見方を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  職域がん検診にも精度管理の視点が必要!

error in template: found but mtif was expected