メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  職域がん検診にも精度管理の視点が必要!

職域がん検診にも精度管理の視点が必要!

2017年10月04日 06:00

1名の医師が参考になったと回答 

 がん検診受診者の4~7割が利用しているとされる職域検診では、精度管理がほとんど行われておらず、厚生労働省はその対策の一環として「職域におけるがん検診ガイドライン」(GL)の策定を進めている。こころとからだの元氣プラザ(東京都)婦人科診療部長の小田瑞惠氏は第58回日本人間ドック学会(8月24~25日)で、職域の子宮頸がん検診の現状と将来の展望を説明、「誰ががん検診の精度管理を行うかが課題」と指摘した。私見と断った上で、「検診実施機関がビジネス化のチャンスとして捉え、有償のサービスとして請け負うことも方向の1つ」との見方を示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  職域がん検診にも精度管理の視点が必要!