メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  非ドパミン系治療薬でPDの歩行障害を改善

EASD_small_banner_0914.jpg

非ドパミン系治療薬でPDの歩行障害を改善

 2017年10月05日 12:10

 歩行障害はパーキンソン病(PD)患者が訴える最も重要な症状の1つであり、従来の薬物療法では十分にコントロールできていない。東京女子医科大学神経内科准教授の飯嶋睦氏らは、L-ドパで治療中にwearing-offを来し、歩行障害を認めるPD患者を対象に、非ドパミン系のアデノシンA2A受容体拮抗薬イストラデフィリンを併用した際の歩行障害に対する有用性を検討する単独アームの前向き多施設共同臨床試験を実施。その結果、「イストラデフィリンはすくみ足を含む歩行障害、歩行関連の日常生活動作(ADL)を有意に改善する一方で、治療の妨げとなる新規の重篤な副作用は認められなかった」と第58回日本神経学会/第23回世界神経学会議(9月16日〜21日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  非ドパミン系治療薬でPDの歩行障害を改善

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510904 有効期限:10月末まで