メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  心膜炎の10%程度はオカルトがんのマーカー

心膜炎の10%程度はオカルトがんのマーカー

【海外短報】

 2017年10月05日 06:20

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心膜炎患者の10%程度にオカルトがん(先に転移巣が発見された後に発見される原発巣のがん)のマーカーとしての心膜炎(いわゆるがん性心膜炎)が見られるとのデータが、デンマークなどのグループによりCirculation2017; 136: 996-1006)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、デンマークの医療データベースを用いて1994~2013年に新規に心膜炎と診断された全患者(がん既往患者は除く)を抽出し、全国コホート研究を行った。2013年11月まで追跡し、一般人口と比較したがんの標準化罹患比(SIR)を算出した。

 急性心膜炎患者1万3,759例中1,550例(11.3%)で、その後に肺がん、腎がん、膀胱がん、リンパ腫、白血病、部位不明の転移がんなどが診断された。がん全体のSIRは1.5で、心膜炎診断後3カ月までのSIRは12.4と極めて高かった。また、心膜炎を発症したがん患者は、心膜炎がないがん患者に比べ3カ月および1年生存率が低かった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  心膜炎の10%程度はオカルトがんのマーカー

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10510964 有効期限:10月末まで