メニューを開く 検索 ログイン

学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?

ヒト化抗IL-5受容体αモノクローナル抗体製剤ベンラリズマブ

2017年10月05日 16:26

4名の医師が参考になったと回答 

 日本アレルギー学会は、現在申請中の重症喘息薬ベンラリズマブ〔ヒト化抗インターロイキン(IL)-5受容体αモノクローナル抗体製剤〕の早期承認を求める要望書を厚生労働省に提出したと、10月3日に同学会の公式サイトで発表した。喘息の重症化に好酸球が関与する症例が存在するが、同薬は気道の好酸球をほぼ完全に除去する作用があるため、喘息死ゼロを早期に実現する上で重要な役割を果たすと考えられている(関連記事「抗IL-5抗体薬で重症喘息の経口ステロイド減」「好酸球「除去」する新薬」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD511065 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外