メニューを開く 検索を開く ログイン

学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?

ヒト化抗IL-5受容体αモノクローナル抗体製剤ベンラリズマブ

 2017年10月05日 16:26
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本アレルギー学会は、現在申請中の重症喘息薬ベンラリズマブ〔ヒト化抗インターロイキン(IL)-5受容体αモノクローナル抗体製剤〕の早期承認を求める要望書を厚生労働省に提出したと、10月3日に同学会の公式サイトで発表した。喘息の重症化に好酸球が関与する症例が存在するが、同薬は気道の好酸球をほぼ完全に除去する作用があるため、喘息死ゼロを早期に実現する上で重要な役割を果たすと考えられている(関連記事「抗IL-5抗体薬で重症喘息の経口ステロイド減」「好酸球「除去」する新薬」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?

error in template: found but mtif was expected