メニューを開く 検索を開く ログイン

学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?

ヒト化抗IL-5受容体αモノクローナル抗体製剤ベンラリズマブ

 2017年10月05日 16:26
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 日本アレルギー学会は、現在申請中の重症喘息薬ベンラリズマブ〔ヒト化抗インターロイキン(IL)-5受容体αモノクローナル抗体製剤〕の早期承認を求める要望書を厚生労働省に提出したと、10月3日に同学会の公式サイトで発表した。喘息の重症化に好酸球が関与する症例が存在するが、同薬は気道の好酸球をほぼ完全に除去する作用があるため、喘息死ゼロを早期に実現する上で重要な役割を果たすと考えられている(関連記事「抗IL-5抗体薬で重症喘息の経口ステロイド減」「好酸球「除去」する新薬」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12511065 有効期限:12月末まで