メニューを開く 検索 ログイン

アデノシンA2A受容体阻害がPD非運動症状改善

2017年10月06日 06:40

1名の医師が参考になったと回答 

 アデノシンA2A受容体の選択的拮抗薬であるイストラデフィリンは、ドパミン作動性経路を介さずにパーキンソン病(PD)患者の運動症状を改善する。しかし、イストラデフィリンがPD患者の非運動症状も改善するかどうかはほとんど報告がない。獨協医科大学神経内科講師の門脇太郎氏らは、PDに対するイストラデフィリンの効果を検討する中で、同薬の非運動症状に対する効果についても評価。その結果、「イストラデフィリンは疼痛や姿勢異常などPD患者の非運動症状も改善することが認められた」と第58回日本神経学会/第23回世界神経学会議(9月16日〜12日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  アデノシンA2A受容体阻害がPD非運動症状改善

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで