メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  OGTT 2時間値はCADのイベント予測に有用

OGTT 2時間値はCADのイベント予測に有用

【海外短報】

 2017年10月06日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 経口糖負荷試験(OGTT)の負荷後2時間血糖値(2h-PG)は冠動脈疾患(CAD)患者の心血管イベントの有意な独立予測因子であると、スウェーデンなどのグループがDiabetes Care2017; 40: 1233-1240)に発表した。

 3,775例からFPG、2h-PG、HbA1cの全てのデータが得られた。追跡中に246例(6.5%)で心血管イベントが確認された。解析の結果、FPGとHbA1cは心血管イベントの予測に有用ではなかったのに対し、140mg/dL未満と140mg/dL以上で分類した2h-PGは有意な独立予測因子であった(ハザード比1.38、95%CI 1.07~1.78、P=0.01)。

 追跡中に78例が2型糖尿病を発症した。FPG 110~124mg/dLは糖尿病発症の予測に有用ではなかったが、HbA1c 5.7~6.5%と2h-PG 140~198mg/dLは有意な予測因子であった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  OGTT 2時間値はCADのイベント予測に有用

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08510962 有効期限:8月末まで