メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

米、がんの40%が過体重と肥満に関連

 2017年10月07日 07:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米疾病対策センター(CDC)の月例報告「Vital Signs」によると、米国では1990年代以降、新規にがんと診断される割合は全体的に低下傾向にあるが、過体重(BMI 25〜29.9)と肥満(BMI 30以上)に関連するがんについては上昇しているという。"過体重・肥満関連がん"は、胃がん、肝がん、膵がん、腎がんなど13種あり、米国では2014年に約63万人が過体重・肥満関連がんと診断されており、がんと診断された全患者のうち約40%を占める。また、米国では50〜74歳の成人のうち3人に2人が過体重・肥満である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  米、がんの40%が過体重と肥満に関連

error in template: found but mtif was expected