メニューを開く 検索 ログイン

骨髄性悪性腫瘍再発リスクに影響する因子は

【海外短報】

2017年10月10日 06:30

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 骨髄性悪性腫瘍に対する同種造血幹細胞移植(allo-SCT)の前に、ビタミンD欠乏症を発症した患者は再発リスクが高いと、ドイツのグループがJ Clin Oncol2017; 35: 3143-3152)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  血液 »  骨髄性悪性腫瘍再発リスクに影響する因子は

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD511026 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外