メニューを開く 検索 ログイン

世界の神経疾患、死亡は25年間で37%増加

世界疾病負担研究(GBD)2015のサブ解析

2017年10月11日 06:05

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ニュージーランド・オークランド工科大学のValery L. Feigin氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2015のデータを用いて1990~2015年の世界195カ国・地域における神経疾患による負担の推移を検証。「神経疾患による死亡は2015年時点で939万9,000人と全死亡の16.8%を占め、1990年と比べて36.7%増加した」とLancet Neurol2017年9月17日オンライン版)で報告した。同氏は「神経疾患領域の専門家によるケアが必要な患者数は今後も増加するとみられており、政策当局の適切な対応が求められる」と指摘している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  世界の神経疾患、死亡は25年間で37%増加

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで