メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  最善の睡眠医療へ、世界会議が初開催

EASD_small_banner_0914.jpg

最善の睡眠医療へ、世界会議が初開催

 2017年10月11日 15:25
プッシュ通知を受取る

1710025_ph1.jpgWorld Sleep 2017が開かれたプラハ・コングレス・センター

 世界の睡眠医学研究の最高峰がプラハに集結ー。10月7〜11日の5日間にわたり、世界睡眠会議(World Sleep 2017)がチェコ共和国の首都プラハで開催された。同会議は、世界睡眠医学協会(World Association of Sleep Medicine;WASM)と世界睡眠学会連合(World Sleep Federation;WSF)による初めての合同会議。睡眠との関連が指摘されるさまざまな疾患や不眠による社会経済的損失などが世界的に問題視される中、日本を含む多くの国々から睡眠専門医や研究者らおよそ2,400人が一堂に会し、最善の睡眠医療の実現に向けて研究成果の発表や討議を行った。開催2日目には、街の中心にある歴史的な建物「市民会館」でオープニング・セレモニーも開かれ、参加者らは親睦を深めた。

 Medical Tribuneでは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)や睡眠中の異常行動などの他、日本人演者の演題をレポートする(10月16日から記事掲載の予定)。

1710025_ph2.jpgオープニング・セレモニーが開催された、アール・ヌーヴォー様式による建築で知られる市民会館『Obecní dům(Municipal House)』

(World Sleep 2017取材班)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  最善の睡眠医療へ、世界会議が初開催

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511138 有効期限:12月末まで