メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の肝がん罹患数が25年で75%増加

世界疾病負担研究(GBD)2015サブ解析

 2017年10月12日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of Washington, Institute of Health Metrics and Evaluation(IHME)のChristina Fitzmaurice氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2015のデータを用いて1990~2015年における世界195カ国・地域の肝がんによる罹患率、死亡率、障害調整生存年(DALY)の推移を性・原因別に検証した。「肝がんの罹患数は25年で75%増加しており、肝がんによる負担は危険因子への曝露の違いから、男女間、地域間で大きく異なることなどが示された」とJAMA Oncol (2017年10月5日オンライン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  世界の肝がん罹患数が25年で75%増加